女性

脳の病気を克服して理想の人生|病気を乗り越えよう

脳と心の関係を調べる

カウンセリング

人間ドックを受けてみよう

脳の病気によって、精神状態に影響が出てしまうことは決して少なくありません。うつのような状態になってしまった場合、多くの人はストレスによるものだと考えるでしょう。ところが実際には、脳の異常が関係している場合もあるのです。その点を区別するためにも、まず、脳に病気を発症しているのかどうか調べてみるのが大切です。脳の病気といえば、腫瘍がよく挙げられます。脳に腫瘍ができてしまうことで血液の循環が悪くなることがあります。また、腫瘍が悪性の場合、これが破裂してしまったり、他の部位にまで影響をもたらしてしまったりする可能性もあります。脳の中は、なかなか見ることができません。症状が出てしまってから調べても、時すでに遅しというケースもあります。だからこそ、できるだけ早めに調べることが重要です。いち早く気づけるようにするためには、人間ドックを受けるようにしましょう。会社に行っている人は、会社で人間ドックを受けるように勧められたり、健康診断を受けることになったりします。ただし、一般的な健康診断では、脳までは調べることがありません。脳ドックとして専門的に受診すべきです。もしくは、脳ドックも含まれている人間ドックを受けることをお勧めします。

早期発見が大事

脳の病気は早期発見によって改善できることもあります。まず、早期発見に繋げることが重要です。脳ドックをはじめ、健康診断を受けるようにします。また、頭が痛いなどの異常を感じた時は放置せず、すぐに受診することが大切です。いつもとは違う頭痛だという時ほど、何らかの脳の病気の可能性が高いと言えます。脳の病気の多くは、対応が後手になってしまうと取り返しのつかない結果に繋がりやすいです。そのため躊躇している暇はありません。検査が怖いという人は、その旨を担当医に遠慮なく伝えることをお勧めします。と言うのも、閉所恐怖症などの人は、MRIやCT検査を受ける場合、パニックになってしまうこともあるからです。幸い現在では患者がリラックスできるように、病院内の環境を整えているところも少なくありません。サービスが行き届いていることも多くなってきているので、あまり気負いせず、検査に臨むことをお勧めします。それでも不安な人は、まず、血液検査だけでも受けるようにすることが大切です。精神科や心療内科を受診している人も、今一度、脳ドックを受けてみると良いでしょう。場合によっては、今後影響をおよぼす可能性のある、小さな腫瘍などの発見にも繋がるでしょう。