女性

脳の病気を克服して理想の人生|病気を乗り越えよう

記憶が失われる病気

相談

対処法が人気の理由

脳の内部は、外部から見ても目に見えない状態となっている事から、一般の人としては内部を確認する事ができません。MRTスキャンなどの手法によって脳の内部を撮影して、視覚的に確認を行う事はできますが、医師など限られた立場の人に限ります。脳の病気の多くは、こうした目に見えない部分の微妙な変化が原因となって引き起こされる病気でもあるため、突然発作的に発症するものが多くなっています。こうした脳の病気を防ぐためには、私たちの日常生活による生活習慣が重要になってきています。生活習慣を変えるだけで、脳の病気を患わなくてもいい環境作りが可能となっているのです。近年は、普段のどのような生活習慣が脳の病気を引き起こすのか、徐々に解明してきました。そのため、事前に対処方法について学ぶための情報を集めたテレビや書籍が人気を集めていると言えます。生活習慣病というと高血圧、高コレステロールなどが挙げられますが、決してそれだけではありません。例えば人の事を羨ましがってしまったり、他人の些細な行動でも気にしてしまうといった行動についても、脳の病気に影響している生活習慣のパターンとなるとも考えられているためです。そのため些細な事を気にしすぎてしまっているとか、他人の行動が気になり過ぎていると感じた場合には気をつける必要があります。

知っておきたい事

脳の病気は内科、神経内科による病気だと感じる人は決して少なくはありません。しかし実際には精神科による治療が必要な要因とも複雑に絡み合っているため、十分に注意を払いましょう。例を挙げてみると、うつ病は精神科において治療が行われています。しかし重篤なうつ病の多くは、脳の病気から影響を受けているケースがあるのです。近年の研究により、脳の内部において、何らかの障害で神経伝達物質の流れが過剰になってしまった場合、多くの精神病が引き起こされていると考えられています。そのため、症状に気が付かないまま普段の生活を過ごしている場合には、アルツハイマー病や認知症などといった症状が合併して現れてしまう場合も確認されています。アルツハイマー病や認知症は記憶が失われてしまう病気です。うつ病との因果関係も決してないとは言い切れず、その根底として生活習慣が関連しているとも考えられています。現在では研究が進められている分野であり、今後も脳の病気と精神疾患との関係性は明らかになっていくでしょう。年齡を重ねてから性格が著しく変化したという場合には、脳の病気が原因となっている可能性も高いですが、自分自身では気がつきにくいものです。そのため、セルフチェックシートなどを活用して、自分を見つめなおす機会を定期的に設けるようにしましょう。また、周囲の家族も精神面での変化に気がつけるようにアンテナを張り巡らせておき、脳の病気が疑わしい時には病院での診察へと誘導するのが望ましいです。